マネー 特集

【本気】5年後にFIREを目指します

  1. HOME >
  2. マネー >

【本気】5年後にFIREを目指します

え?急に?とも思われるかもしれませんが、本気で5年でFIREを目指そうと思います。

理由は簡単です。自分の人生の時間割を自分で決めたいと思ったからです。

何がしたいのか、どうやって目指すのか、を自分の思考をまとめるためにも書いておきます。


絵に描いたようなFIREを象徴するイメージ図

【本気】5年後にFIREを目指します。

これから5年後ですので、2026年までには達成したいと思います。

なぜFIREするのか

なぜ急にそんなことを言い出したのか?と言いますと、突発的にそう思ったわけではありません。

いくつかのファクターがあります。順番に説明します。

あと30年も勤続することが精神的にハードルが高すぎる

ここ3年くらいで投資というものに興味を持ち、借金まみれだった僕が、コツコツと資産が作れるようになってきました。

そんな中で、2021年の4月に転勤することになりまして、本社に配属されました。

仕事における役割の重さや、かける時間も増えてきました。(転勤前はほぼ定時に帰ってましたw)

結構毎日なストレスにさらされることが増えてきました。

求められる能力も上がり、社内での折衝をする幅も規模も段違いです。

そんな状況で、やはり体調がすぐれないことが多くなってきました。(ストレス耐性なさすぎw)

そして年齢は、30歳。

これをあと30年も続けていくということに、全くイメージが持てなくなりました。(会社が存続する前提なの草)

僕は10年後もこんなことをやっているのか?上司のような働き方でいいのか?そんな自問も増えるようになりました。

それを考えた時にこのままでは難しいと考えるようになりました。

仕事への思いだったり、やりがいだったりというものを超越して、このままじゃいけないという思いが強くなりました。

時間的拘束が結構しんどい

29歳で結婚し、30歳で娘が生まれました。

平日の時間に娘と会える時間は約30分。朝の時間だけです。(もっと早起きせいやw)

帰ってくる頃にはもう娘はしっかり寝ています。

その寝顔を見るたびに、娘に時間を使ってあげられない状況に申し訳なく思います。

家族のために必死で働くことが正義だと、間違いなく思っていますが、時間を使ってあげられないのは本当に正義なのか?とも思います。

どうやったら、家族のために時間を使ってあげられるのだろう?もっと自分に対しても時間的な拘束を排除したいと思うようになりました。

自分の時間割は自分で決める。そう思った時に、FIREするという選択肢が生まれてきました。

入社したての頃は、朝出社し、昼ごはんを食べる暇もなく、終電まで仕事をし、寝るためだけに家に帰る。

そんな日々を過ごしていましたが、そんな日々が今思い返せば楽しかったと記憶しています。

ところが、1日のほぼすべてを仕事にかけるという働き方に疑問を持ち、やはり人生を豊かにすることに時間を使うべきと思うようになりました。

人生を豊かにする時間の使い方は人それぞれですが、僕は、家族に時間を使う、自分に時間を使うことこそが人生を豊かにすると考えています。

このままで面白い人生になるのか?

客観的に僕の人生を見てみると、本当に幸せな人生を歩まさせていただいていると思います。

結婚できて、子どもにも恵まれて、そして仕事においても十分な報酬を貰いながら、やりがいのある仕事をさせてもらえています。

欲しいものは、頑張れば手に入るし、何不自由ないと言えば、何不自由ない毎日を過ごさせていただいてます。

一方で、このままの人生を歩んで、爺さんになった時、孫にドヤ顔で語れる武勇伝が何もない気がしました。(いきなりどうした)

人って本当にないものねだりだな、と思いますし、強欲でバチが当たるんじゃないかと怖いですが、

この幸せな日々に、何か胸を晴れるもしくは、めちゃくちゃネタになるような人生おもしろエピソードが欲しいと思うようになりました。

その想いと、前述の2つの要素が揃った時、このサラリーマン生活に終止符を打つ、ということを本気で目指してみようと思いました。

どうやって目指すのか?

現状で考えているFIREプランについてまとめてみようと思います。

①不動産事業

FIREの基軸となるのは不動産事業と考えています。

この理由としては、
・ミドルリスク、ミドルリターンであること
・サラリーマンである、ということが強みになる
・やり方さえ間違えなければ、勝機がある

ということでしょうか。

あくまで不動産に関しては、投資ではなく、事業と捉えています。

ミドルリスクだけど、ミドルリターン。ある程度大きなお金を動かすことになります。故にリターンもそれなりになると思います。
FXや株式のように、1年後に2倍とか、10倍!みたいな戦い方はできませんが、しっかりとした収益を作ることは可能と考えています。

また、現状、サラリーマンであることが強みとなるケースが多いです。
というのも、不動産事業は金融機関から融資を受けて取り組むことになりますが、サラリーマンの方が融資を受けやすいというメリットがあります。
独立してから取り組み始めるよりもサラリーマンである今取り組むことでメリットをいかすことができます。

しっかりとした知識の上に、情報とビジョン、手法を間違えなければ、ある程度の勝機があるのではないかと思っています。

これらにより、FIREを目指す上で、不動産事業を基軸としたいと思っています。

株式の配当

こちらはFIREブームの中で、最も多いパターンかと思いますが、高配当株への投資により、そのインカムゲインを得る方法です。

こちらは現状、投資信託などのインデックス投資を行っていますが、これはこれからも継続していきたいと思っています。

まだまだ初めてまもないこともあり、お金のなる木としてはまだまだ小さく、頼りない状態ですが、こちらは継続あるのみです。

20年、30年となった時に、高配当株への切り替えにより、ある程度のインカムゲインを得たいと思っています。

それまではひたすらインデックスファンドへの積み立てを行っていきます。

現状の投資信託の状況についてはこちらにまとめています。

どこまで目指すか?

5年後を見据え、上記の取り組みの中で、どのくらいを目指しているのかをまとめます。

まずはキャッシュフローで500万円を目指します。

なせ500万円なのか?と申しますと、僕の家族の生活費はゆとり費用も混ぜ込んで、年間450万円程度です。

ぶっちゃけ年間400万円もあれば食いっぱぐれることはありません。

その中で、インデックスファンドへの積み立て投資を続けていくことも織り込んで、500万円あれば、FIREすることが十分に可能と考えています。

5年後にキャッシュフロー年間500万円、これがまずは目指すところになります。

最終的には、不動産事業で1000万円、株式配当で200〜400万円、というところが目指すべきところです。(今の所のイメージです)


朝起きて、「今日は何をしよう?」そんなことを考えられるゆとりを目指します。

5年後にFIREすべく、まずは行動する

いろいろと書いてきましたが、今回は僕の決意をまとめたかっただけです。

この記事を誰かに届けたいと思って書いているわけではありません。あくまで自分への宣言です。(使い方間違えてすいません)

でもこれを読んで、少しでも応援してくれる方や、共感してくださる方、一緒に頑張ってくれる人がいたら嬉しく思います。

すでにサラリーマンから、FIREを達成した「三菱サラリーマン」さんのブログも面白いので、興味ある人がいらっしゃれば、見てみてください。


今の所、決意を固めただけで、まだまだ行動できていないし、知識も情報も努力もできていません。

この決意をもとに、これから走り出したいと思います。


家族のために、自分のために、おもしろエピソードを作るべく、邁進します。

-マネー, 特集

Copyright© kumablog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.