特集 資産運用

ひふみプラス(ひふみ投信シリーズ)の評判とは? 投資歴3年目の結果と個人的レビュー

  1. HOME >
  2. 特集 >

ひふみプラス(ひふみ投信シリーズ)の評判とは? 投資歴3年目の結果と個人的レビュー

資産運用として、投資信託を始める方も増えてきたと思います。

最近ではYouTube大学の中田敦彦さんやリベラルアーツ大学の両学長もよく発信しているので、注目が集まっています。

様々な投資信託商品がある中で、運用方針などは様々ですし、収益率についてもそれぞれです。

運用銘柄を頻繁に組み替えるアクティブファンドでは、何にどのくらい投資するのかは、ファンドマネージャーの腕の見せ所であり、結果については色濃く特徴が出ます。

その中でもひふみ投信シリーズのひふみプラスは、数ある投資信託商品の中でも莫大な純資産で運用されています。

僕はひふみプラスで運用を始めて3年になりますが、ひふみプラスの特徴と結果、個人的なレビューを解説したいと思います。参考になれば幸いです。



ひふみプラス(ひふみ投信シリーズ)の特徴について

ひふみプラスは、レオス・キャピタルワークス株式会社が提供・販売する投資信託商品です。その特徴について解説します。

①主に日本の成長企業へ投資する

ひふみプラスのコンセプトは「日本を根っこから元気にする」をコンセプトにした投資信託です。

そのため、日本国内の成長企業を目利きし、投資しています。全体の約80%が日本株、約10〜15%が外国株、約5%が現金という比率で運用しているため、100%日本株というわけではないです。

その分、リスクを分散しているわけです。

②守りながら増やすがコンセプト

ひふみプラスは、安心して長期保有していただける投資信託を目指しています。

価格変動の幅を示すリスクを抑え、そして長期的にリターンを得られることが大切だと考えているそうです。そのため「シャープレシオ」という指標を意識して、運用されています。

「シャープレシオ」とは、投資リスク(価格変動)の大きさに対して、どれだけリターン(収益率)を得られたか、運用効率の高さを示すものです。


③誰が運用してくれているのかがわかる(顔がわかる運用)

貴重なお金の運用を託すわけですから、不安も多いと思います。ひふみプラスでは、ファンドマネージャーの顔ぶれが確認できます。

月次運用報告会「ひふみアカデミー」やレポート「ひふみのあゆみ」で、どういった情勢の中で、何を意識して運用したのか?などを解説してくれています。

その他いろいろなウェブ動画やリアルでのセミナーやイベントがあって、その都度どうやって運用しているのかが理解できるので、安心感がある点は強みだと思います。


運用方針がよくわかる動画はこちら

ひふみプラス(ひふみ投信)の運用方法や、投資理念についてよくわかる動画がこちらです。

公式に発表されているものなので、ぜひ見てみてください。


公式HPはこちらから



実際の利用者の口コミは?

実際の利用者のコメントは以下のとおりです。いくつかピックアップしてみました。


ポジティブな口コミ


着実に運用を進めている方が多いようですね。

ネガティブな口コミ

正直あまりネガティブなツイートはありませんでしたが、ここ最近で、資金流出額が大きいことから話題にもなっていますが、個人的には利確している人が多いのかな、という印象です。

長期でのリターンを考えれば、そこまで気にする話題ではないと思います。


実際に運用中の結果を公開します

実際に2018年からつみたてNISAにてつみたてをおこなってきました。

直近の半年の結果はこんな感じです。

2020年5月
積立金額 248,000円
評価金額 266,823円
含み損益 +18,823円(+7.58%)

2020年6月
積立金額 281,333円
評価金額 305,804円
含み損益 +24,471円(+8.69%)

2020年8月
積立金額 347,999円
評価金額 393,172円
含み損益 +45,173円(+12.98%)

2020年10月
積立金額 414,665円
評価金額 474,837円
含み損益 +60,172円(+14.51%)

7月と9月は記録漏れなんですが、ここ半年くらいは順調に成長している状況です。

個人的には、長期での運用を検討しているので、このまま積立を続けて行って、17年後を楽しみに待ちたいと思います。

今のところはかなり満足しています。


運用実績に関しては、毎月レポートをあげていますので、こちらもチェックいただけると幸いです。


投資信託レビューはこちらから



投資信託は長期運用が基本!じっくり育てる

今回はひふみプラスについてその評判や、口コミについてまとめましたが、投資信託は長期での運用がおすすめです。

個別株やFXのように、短期で2倍とか10倍にはなりませんが、リスクを最大限減らしながら、着実にお金を育てることができます。

その仕組みに関しては「ドルコスト平均法とは?【長期投資の強い味方】」にまとめてありますので、読んでみてください。

投資の神様であるウォーレン・バフェットさんも次のように言っています。

「早い時期に節約の週間を学ばないのは大きな間違いだと思います。節約というのは習慣なのですから。ゆっくりとお金持ちになるのはとても簡単です。でも一気にお金持ちになるのは簡単ではありません」


じっくり腰を据えて運用していきたいものですね。

-特集, 資産運用

Copyright© kumablog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.